2006年09月13日

畑から百三十年

畑から百三十年
畑から百三十年(サッポロ)

こちらもようやく飲むことができました。

香りは麦芽の香り…かな?あまり強い香りじゃないです。
苦みもそれほど強くはなく…。
秋味と一緒に飲んだせいでそう感じたのかもしれませんが。
麦芽は1.5倍なんですよねぇ。秋味は1.3倍なのに。
まぁ、両方「当社ビール比」だからなぁ。一概には比べられませんね。
でも苦みはないのに、重みがあります。
酸味も甘味も強くなく…全体のバランスがとてもいい。
地味だけど、歴史を感じさせるビールだなと思いました。
posted by れいや at 23:57| Comment(2) | TrackBack(0) | ビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「全体のバランスがとてもいい」

そのとーりだと思います。
サッポロはビールのシェアがサントリーにも抜かれそうらしいですけど、いちばんまとまっていると思いますね。
安定感があるので、あまりハズレもないし。
キリンやアサヒは「これ」みたいな特長がかなりはっきりしているので、どうしても先入観があるんですよね。。。
Posted by 働く美少女☆ at 2006年09月16日 23:44
>働く美少女様
 うんうん。サッポロは安定感がありますよねー。
 「これはちょっと…」ってものがないですから。
 アサヒなんかスーパードライのイメージが強いので
 どうしても比較対象にしちゃうし。
 先入観ってキケンですよね。
Posted by れいや@管理人 at 2006年09月27日 01:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23519133

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。